不倫をする際に気つけておきたい3個のポイント

不倫をする際に気つけておきたい3個のポイント

不倫がよくないことは、もちろん誰でもわかっていることです。
しかし結婚してもう恋ができないとなると、さみしい気分になるのもまた事実ではないでしょうか。
恋のドキドキ感、ちょっぴりせつない気持ちは罪悪感よりもむしろ女性を美しくするスパイスのような効果の方が大きいのです。
けれど、不倫のせいで自分の大切な生活を壊してしまってはなんにもなりません。
ここでは不倫をする際に気をつけておきたいポイントについて紹介したいと思います。

 

 

罪の意識は感じないようにする

不倫をしていることで、罪の意識を感じて暗い気分になるくらいならしないほうがいいです。
不倫をするなら罪の意識は捨てる。

 

むずかしいことですが、不倫自体は高等テクニック、大人の遊びなのです。

 

それをわかった上でしなくてはいけません。
悪いとわかっていることだけど、それを棚の上にあげてでも楽しめるメンタリティが必要なことをまず理解しましょう。

 

 

恋を純粋に楽しむ

相手の人を好きな自分を大切にしましょう。

 

その時の恋を素敵に楽しむには自分のことも相手のこともいたわっていないといけません。

 

不倫だからいろいろと自由にならないことは出てきます。
それでも相手や自分を決して責めてはいけません。

 

楽しむための恋なのです。

 

そこのところをきっちりと意識して泥沼にならないようにしましょう。

 

 

終わりはいさぎよく

不倫を終わらせる一番いい方法はなんでしょうか。
自己中心的ではありますが、もちろん振られるよりは振る方が楽に決まっています。

 

ここで、相手の気持ちを考えてずるずると別れられないという事態になるのは一番いけません。

 

もし、自分がその不倫を終わらせるべき時が来たと思ったら、その時は心を鬼にしてきっぱりと終わりにしましょう。

 

大切な恋だったからこそ、最後もさらっときれいに終わらないといけないのです。

 

 

おわりに

忘れてはならないのは、不倫は自分のほんとうの生活をよりよく生きるための楽しみであって人生のスパイスだと言うことです。

 

これをいつもしっかりと頭の中に入れておきましょう。
大げさにいうならば映画を見るように不倫の恋をしている方がいいのです。
映画は素敵だからこそみんなが夢中になるのです。
結婚していても、なおそんな恋ができるならそれにこしたことはありません。
それでも映画は映画であるように、不倫は不倫でしかありません。
素敵な部分に浸りながらも、それは現実ではないと思うくらい一線を引いて考えていた方が自分が傷つかずに済みます。

 

 

 

不倫体験談