不倫がバレた時の社会的制裁と慰謝料

不倫がバレた時の社会的制裁と慰謝料

既婚男性とはいえ、人に惹かれてしまうのは仕方のないことです。

そんな既婚者の彼とお付き合いすることを世間では不倫と言います。
不倫は犯罪ではありませんが、彼はすでに結婚しており、それを知っている貴女も道義から外れた行動をしているとみなされます。

 

もし、不倫関係がバレてしまえば、社会的に制裁を受ける可能性があること。
また、彼の奥さんから民事責任を問われるなどのリスクがあることを十分承知しておきましょう。

 

 

社会的制裁を受ける

不倫は社会的制裁を受ける可能性があります。
それは彼も貴女も同じです。
ある日、会社に内容証明が届いた、なんてことがあり得ます。

 

そうなったら彼も貴女も周囲から「不倫」と後ろ指をさされかねません。まさに針のむしろです。

 

そんななかで仕事を続けていくのは厳しいでしょうから、自然と辞職に追い込まれます。

 

年齢によっては再就職も厳しい世の中ですので、それほどに不倫というものに世間は冷たいということを改めて覚えておきましょう。

 

 

彼の失うもの

彼は貴女との不倫がばれることで奥さんから激しく叱責されるでしょう。

 

彼が奥さんとやり直したいかどうかは分かりませんが、
世間体や社会的なこともありますので、家庭を選ぶ可能性が高いでしょう。

 

離婚に至らない場合、彼は貴女との関係を断ち切らざるを得ません。

 

 

離婚問題に発展する可能性もあります

そうなれば、彼は奥さんに慰謝料を払って離婚します。

 

彼自身がやり直したいと思っていても彼は不倫をしていた側、つまり有責なので、奥さんから離婚請求されれば拒否することができないのです。

 

子供がいれば、親権は妻側に有利なので、一般的には奥さんが獲得するでしょう。
そして彼は養育費を支払い続けることになります。

 

 

貴女の失うもの

彼が離婚しない場合、請求される慰謝料はせいぜい数十万です。

 

しかし、彼が離婚した場合、奥さんから請求される慰謝料は7桁を覚悟してください。

 

貴女との不倫が家庭崩壊を招いたとして重くみられます。
そして、7桁の金額を支払っても、既婚者の彼との関係が必ずしも継続するわけではないです。

 

 

おわりに

不倫関係がバレてしまった後は奥さんの出方次第です。
貴女が離婚まで望んでいなかったとしても、彼の奥さんが離婚したければ離婚になります。

 

貴女は高額の慰謝料を支払わなければなりません。
また、彼が貴女と再婚したいと思っても、その彼も慰謝料と子供がいれば養育費を支払わねばなりません。

 

決して順風満帆なスタートとは言えないでしょう。
貴女自身の家族から反対されるであろうことも覚悟しなければなりません。

 

不倫をした場合、絶対にばれてはいけません。
そして、不倫したということも貴女自身の秘密として墓場まで持っていってください。

不倫体験談