浮気と不倫の違いと線引き

浮気と不倫の違いと線引き

浮気と不倫の違いについて、知っているようで知らない人も多いと思います。
なんとなく軽い気持ちでするのが浮気で、本気になったら不倫というイメージだったり、
何人ともするのが浮気、一途にするのが不倫と思っている人もいます。

 

言葉の印象としては、浮気のほうが罪が軽くて不倫は重罪なイメージもあります。
しかし、浮気と不倫には明確な違いがあり、法的にも基準が設けられています。
今回は、浮気と不倫の違いについていくつかのポイントを紹介します。

 

 

相手が結婚しているのかどうか

一番わかりやすいポイントは、相手が既婚者か未婚者かということです。
例えば付き合っている彼女がいる男性と関係を持ったら浮気といわれますが、
既婚者であれば不倫という呼ばれ方をします。

 

恋人同士である場合、どちらが本命かは相手の主観によるので、どちらが浮気相手かということは分かりにくいものです。
二股などという捉え方や、恋人が複数居るという人もいます。

 

しかし結婚であれば、日本では重婚は認められていないため、貞操を守る相手が配偶者であると明確に定められているのです。

 

 

どこまで深い関係になっているか

恋人同士の場合、違う異性とキスした時点や手をつないだ時点、食事をした時点で
浮気という人もいますが、この境界は主観に基づいています。
つまり、人によって感覚が異なります。

 

法的には男女が肉体関係をもって初めて不貞行為とみなされます。

 

不倫の場合も同様で、肉体関係をもつと正式な不倫となります。
これで裁判や離婚をする際は明確な証拠が必要になります。

 

 

軽い関係だった場合

また、既婚者が相手であっても、キスをしただけだったり食事をしただけで、肉体関係を結んでいなければ不倫ではなく浮気といわれます。
この定義は明確ではないのですが、
不倫になる条件としてやはり肉体関係が重要なポイントとなるのです。

 

配偶者のなかにはキスや食事の時点で不倫とよぶ場合もあり、主観に基づいています。

 

しかし、肉体関係を結んでいなくても、複数の相手を口説いていると悪質だとみなされ、
離婚の理由として認められます。

 

 

おわりに

以上のように、浮気と不倫は同じような行為ですが定義が若干異なります。
いずれも恋人や配偶者を裏切る行為ですが、ニュアンスの違いというわけではないのです。
しかし、なんとなく不倫や浮気といった言葉を使っている方が多いので、明確な定義は浸透していません。
どの立場であっても相手を悲しませないように配慮をすることが必要だといえます。

不倫体験談