不倫の男性と音信不通になってしまった時の対処法

不倫の男性と音信不通になってしまった時の対処法

恋人と別れる時の上等手段が「音信不通」です。けれども不倫の場合には、必ずしも彼が「あなたと別れたい」と思って音信不通にしているとは限りません。
もしかしたら奥さんにバレかけていて、連絡をいちいちチェックされているのかもしれませんし、仕事が忙しい、親が倒れた、自分が病気、といった物理的な事情があるのかもしれません。
ですからまずは、しばらくこちらからは連絡をせず、彼からの連絡を待ってみましょう。ここでは、1ヶ月をめどに、「それでも彼から連絡がなかったら」というケースについて、対処法をまとめています。

 

できるだけ安全な方法で連絡をしてみる

例えばメールなら、もし奥さんがみてしまったとしても、不倫相手だとは思われないような文面で、それとなく近況をたずねてみます。

 

彼から返事があった場合には、さらにメールを返したくなるところをぐっと我慢してそのままに。
翌日以降に「昨日は返事が返せなくてごめんなさい」とメールをしましょう。

 

ざっくりとしたメールのやりとりをしながら、こちらが彼の状況を探るのではなく、彼に探らせるようにするのです。

 

メールに返事がなかった場合は、次の方法へ。

 

 

他の接触方法を試みる

「やりとりはないもののまだSNSでつながりがある」「職場不倫など姿をみせるタイミングがある」という時には、それを十分に利用します。

 

といっても直接コンタクトするのではなく、さりげなく近況が伝わるようにするのがコツです。
不倫であっても彼にとってあなたは「元カノ」です。
男性は「元カノ」のポジティブな変化には心をゆらさずにはいられない生き物。

 

ダイエットをする、イメチェンをする、新しい趣味をはじめたり、グループ交際に参加したりして、その様子をSNSにアップする、といった方法を試してみましょう。

 

 

時間は長くかかることもある

不倫がそんなに簡単なことではない、ということはあなたがよく知っているはずです。

 

キャパオーバーで1度は自分から音信不通にしてしまった不倫でも、ある程度周囲のことが落ち着いた時、彼が思い浮かべるのは誰の顔でしょうか?

 

そうです、あなたです。

 

男性には女性を求める欲が備わっていますが、同時に面倒臭がりで所有欲が強い、ということも備わっています。

 

その条件を全て満たしてくれるのは、以前に不倫というハンデを背負いながらも自分とつきあってくれたあなたしかいませんから、自分磨きをし、プライベートを楽しんでいるうちに、彼からふと連絡がある、という可能性もとても大きいのです。

 

もちろんその間に、もし彼に対して反省すべき点があるのであれば、改善する努力もしましょう。

 

「結婚をねだらない」「連絡する時間や方法のエチケットを守る」の2点は必須です。

 

 

おわりに

とにかく「焦らない」ということが大事です。

 

決定的なバレが関わっていなければ、不倫の復縁率は非常に高いもの。
彼からコンタクトが会った時に、「やっぱり君がいい」と思わせるためには、少し彼のことばかり考えるのをやめ、自分自身に目を向ける時間が必要です。

不倫体験談