始める?止めておく?不倫のリスク

始める?止めておく?不倫のリスク

不倫の恋のスタートは、そんなに突然ではないはずです。
けれども、どちらかが、もしくはお互いに思いあっているだけで、口には出していないのであれば、それはまだ誰にも責められることではない「ただの恋」。
それが、お互いが自覚して、行動に出てしまえば一気に「不倫」になってしまいます。

 

ここでは、そんな「ただの恋」が「不倫」になる前に、考えておかなければならないことをピックアップしました。
不倫を始めるにしても始めないにしても、一呼吸おくヒントにしてみてください。

 

 

リスクを整理する

いきなり考えすぎのように思われるかもしれませんが、これは外せません。
実のところ、冷静にリスクを箇条書きにして並べてみると、「こんなにリスクがあるんだ……」と思う場合と「あれ、意外と少ない!」と思う場合が出てくるんです。

 

不倫で大事なことは、客観視できる冷静な自分も保つこと。

 

漠然とした不安にとらわれてしまうと、精神や身体に影響を及ぼしてしまい、結果的に辛い結末になってしまうこともあります。

 

社内不倫かそうでないのか、あなたが既婚か独身か、彼に子どもはいるのか、など状況によってリスクの種類も変わってきます。
恋愛が盛り上がりはじめてしまうと振り返ることが難しい部分もあるので、ぜひ不倫をはじめる前に考えてみてください。

 

ちなみに、リスクを整理できるほど彼のことを知らない、というならまだ不倫には踏み切らないほうが無難ですよ。

 

 

今の生活を変えずに不倫できるか考えてみる

不倫する女性は、得てして情熱的なことも多く、つきあい始めた途端にがらっと彼にあわせて生活を変えてしまう、なんてこともあるようです。

 

けれども、彼には(あなたが既婚者ならあなたにも)あなたとの恋愛以外の生活があるわけですから、不倫の場合絶対にNG。

 

仕事や家庭、習い事や友人とのつきあいなど、今とあまり変わらない生活を自分が送ることができるかどうか考えてみましょう。

 

そもそも彼は、そんなあなたを好きになってくれているわけですから、いきなり自分に全てを向けてくると、重荷に感じてしまうことも多いです。

 

おわりに

リスクを整理して、今後の生活も想像してみて、その上で気持ちがほわりとあたたかくなるなら、不倫ではあっても、きっとあなたにとってプラスになる恋ができるに違いありません。

 

不倫の前に考えなければいけないこと、というタイトルではありますが、不倫をはじめてからも、不安や迷いを感じたら、同じように考えてみてください。

不倫体験談