不倫の恋は本気になるべきか

不倫の恋は本気になるべきか

不倫は叶わない愛だとわかっていても、付き合いが長くなるにつれできれば離婚し自分と結婚してほしいという願望を持つようになります。
ただ、相手に離婚をお願いしても、なかなか応じてくれない場合もあります。
どうして離婚してくれないのか、その本当の理由について書いてみたいと思います。

 

子供のためを考えて

不倫相手に子供がいる場合、まずは子供のことを考え不倫に踏み切れないケースも多いのです。

 

夫婦間の関係は破たんしていて配偶者には何の未練がない場合、すぐにでも離婚できるのではと思ってしまいますね。

 

ただし、子供がいる場合には全く別になります。

 

特に元々不倫相手が子煩悩だった場合には、この点が引っ掛かり離婚に踏み切ることができなくなります。

 

離婚した場合にはほとんどのケースで母親に親権が渡りますし、たとえ男性が親権を取ることができたとしても、自分のせいで母親を奪ってしまったという自責の念に耐えられない男性も多いのです。

 

 

社会的なペナルティー

今では、性格の不一致などで離婚される方も多いため、離婚に対して社会的にも容認されつつあります。
ただし、これは双方納得できる離婚理由があった場合に限ります。

 

不倫については昔も今も、不道徳であるというイメージがありますし、不倫にしていることが公になることによって、会社などからもペナルティーを受ける場合さえあるのです。

 

例えペナルティーを受けることがなかった場合でも、世間的には不倫しての離婚に対しての印象は悪いため、世間体を気にして離婚に踏み切れないケースも存在するのです。

 

 

遊びの恋

男性の中には、愛情がなくても女性と性的な関係を結べる方も存在しています。

 

その様な男性の場合、妻の妊娠中に性的な欲求を満たすために、別の女性と付き合い始めることもよくあります。

 

また、同じ女性と長く暮らしていると、恋愛のドキドキ感を感じることは難しくなりますね。

 

いつまでも恋愛のドキドキ感を味わっていたい男性は、その欲求を満たすために他の女性にアプローチをかけることも多いのです。

 

ただし、いずれの場合にも男性は本気の恋愛がしたいわけではなく、あくまで遊び感覚の恋愛という意識があります。
一番大事な妻と別れてまで別の女性とは付き合いたいとは思っていませんので、離婚を期待することは難しいでしょう。

 

 

終わりに

不倫の恋と言えども、一つの愛の形だとそう認識されている方も多いでしょう。
ただし、そう思っているのは貴女だけかもしれません。
不倫相手の男性がなかなか別れてくれないという時、そこには多くの事情が横たわっていますが、中には貴女に対してそこまでの愛情を持っていないからという場合もあるのです。

 

不倫体験談