結婚するのかしないのか、優柔不断な不倫男との接し方とは?

結婚するのかしないのか、優柔不断な不倫男との接し方とは?

既婚者の男性と不倫をしていると、いつ奥さんと離婚してくれるのかという不安が募るものです。
離婚をするのはそう簡単にはいかないことは分かっているけれど、一言位何か将来的な希望が欲しいと思うものですよね。
かと言って「早く離婚して」とは中々言い出せないもの、彼との関係が壊れてしまうのが恐くてずるずると不倫を続けてしまってはいませんか。
はっきりしない態度を取る彼に対しては、どのように対応すれば良いのでしょうか。

 

自分の夢を語ってみる

彼があなたに対して将来的なことを語ってくれないのならば、あなたが一方的に彼に自分の夢を話してみましょう。
但し専業主婦になって子供の世話をして、などというような家庭じみた話ではなく、将来的にやりたいことについて語るようにして下さい。

 

例えば「将来は子供服のリサイクルショップを運営したい」「ハーブティーやアロマなどの輸入雑貨店をしてみたい」「ケアマネの資格を取って介護の仕事をしたい」など、具体的なことを話してみましょう。
それに関して彼があなたにアドバイスをすることがあれば、あなたと一緒になりたいという気持ちがある証拠です。
その為には何年後に何をして、という風に時系列で話を進めて、彼がどこまであなたの話に付いてきてくれるかで見極めることができます。
脈があるようならば「その時には一緒にお祝いしてくれる?」と質問してみて下さい。

 

「頑張ってね」などと他人事のように言う場合は、既に彼の頭の中は奥さんのことを考えていると思って良いでしょう。

 

 

デートに簡単に応じない

不倫関係をずるずると続けてしまう女性は、いつの間にか都合のいい女になってしまっていることが多くあります。
彼からデートに誘われても、一度で返事をしないことです。
「予定を確認してから連絡する」と伝えましょう。
男性の中には女性から連絡をされるのは困ると思う人もいますので、本気でないならば関係が減っていくことでしょう。

 

あなたからの連絡を待ってくれるようであれば、あなたに対しては本気であり、周囲にバレそうになったら腹をくくって離婚を考えてくれる可能性が高くなります。

 

 

他の男性がいることを伝える

男性が既婚者である以上、あなたが彼へ忠誠を示す必要はありません。
彼からデートの際にホテルに誘われたら、「婚活イベントで知り合った男性がいるので、今日はホテルは行かないで自分の将来を考えたい」と言ってみましょう。
彼との不倫デートは楽しいけれど、身体の関係は大切に考えていることを伝えるのです。
このまま中途半端な関係でいると、身体の関係はお預けになってしまうと思うと、彼も早い決断を迫られることになります。
あなたのことを大切に考えているのならば「婚活で知り合った彼と別れて欲しい」と切り出すでしょう。

 

もしも「幸せになってね」と言うようであれば、それだけの人間だったと思いましょう。

 

 

期限を決める覚悟を話す

社内不倫をしている関係であれば、期限を決めて彼に決断を迫ることを考えましょう。
もちろん「一年以内に離婚して!」と強硬に迫るのではなく、あなたのライフプランを決めるのです。
「一年後に転職したいと思ってる」「そろそろ私も結婚したいから、来年の今頃をゴールに考えている」等、あなたの一年後を語り、「そうしたら今の関係を続けられなくなるかも知れない」と言ってみましょう。
彼にあなたと一緒になりたいという気持ちがあるのなら、一年以内に何とか結論を出そうと努力する筈です。

 

「じゃあ、それまで楽しく過ごそう」などと言う彼に見込みはありません。
あなたな本当に一年後の自分に向って行動をしていきましょう。

 

 

終わりに

もしも彼に離婚の意志がない場合、もちろんすぐに別れることはできないでしょう。
彼との将来が脈薄であると分かった時から少しずつ心構えをしておくことが大切なのです。
逆に彼があなたを大切に思ってくれていることが分かれば、今は辛くても乗り越えていこうという気持ちが湧きますよね。