タイミングの大切さ?復縁したい場合?

タイミングの大切さ?復縁したい場合?

元カレが忘れられない。

 

寝ても覚めても彼のことばかり。

 

復縁、できるかな…? そんな風に思っちゃうことありますよね。

 

そんな時はあなた自身の都合ではなく、元カレのタイミングにあわせる努力をしなければなりません。

 

誰でも、自分の生活ペースを乱されたり、自分が思ってもみないタイミングで告白されても困ってしまいますよね?

 

それがもう別れた相手からのアプローチだと尚更です。

 

そこで、復縁マニュアルを参考に元カレに復縁を申し込むタイミングについて話していきたいと思います。

 

 

 

★元カレからの突然の連絡 こちらからしつこくするのはスマートではありませんよね。

 

復縁したいと思っているなら、まずは付かず離れずの関係を保つようにし、そのタイミングを待ちましょう。

 

しばらく連絡を取らずにいると、元彼から連絡が来るかもしれません。

 

連絡の内容にもよりますが、「失恋したんだ」とか「忙しくてしんどい…」といった、ネガティブな悩みを相談するような内容であれば、チャンス到来です。

 

弱っているとき、悩んでいるときは誰かに頼りたいと思うものですよね。

 

それは元カレも同じ。そんな時にあなたが彼を支えてあげることができれば、印象大幅アップ!復縁に一歩近づきます。

 

 

 

 

 

★偶然の再開 街やショッピングモールでばったり元カレと再会…そんな偶然があった時は、きっと何かをすべきタイミングなのです。

 

「偶然」というものはなぜか運命的なものを感じでしまいますよね。

 

元カレも、何か縁があるのかな?と思うかもしれません。

 

だからと言ってすぐ「復縁して!」と言うのは早計というもの。偶然の再開を機に連絡を取り合うようになれたら、彼が現在置かれている環境を知っていかねばなりません。

 

焦りは禁物ですよ。

 

 

 

 

 

★「彼女なんていないよ!」 元カレとの会話で、「彼女できたの?」「結婚は?」といった話題を出すことができたら、元カレの返答に注目してください。 濁した答え方をするようならば、彼女がいる可能性は高いでしょう。

 

以前の恋人に向かって、現在の交際関係を大っぴらにできる人はそうそういないでしょうから。

 

しかし、反対に「彼女なんているわけない!」と強く否定するようなら、あなたのことを忘れられず、次の恋に進むことができずにいて、そんなことを聞いてきたあなたについ語調も強く言い返してしまった…という可能性もあります。

 

ですが、可能性は可能性でしかありません。

 

そう思い込んで突然に復縁を申し込むと、そうでなかったときに築き上げてきた信頼関係も失われることになります。

 

いろいろな可能性を慎重に確信に繋げていき、元カレにあなたの素直な気持ちを伝えるタイミングをはかっていきましょう。