冷却期間は不要!これで復縁成功!復縁方法

冷却期間は不要!これで復縁成功!復縁方法

一時はあんなに仲の良かった彼となにかの拍子で別れてしまうことはあるものです。

 

彼との楽しかった日々を思いだすたびに復縁したい気持ち駆られることでしょう。

 

もちろんお互いが好きだった者同士なので、復縁できる可能性がないとはいえません。

 

しかし、復縁作戦を立てて行動に移す前に、自分の中で確認しておきたいポイントについて考えていきましょう。

 

 

 

1.まずは冷静になること

 

別れてすぐは彼のことが忘れられず、すぐにでもヨリを戻したいと気持が焦るものです。

 

余りの辛さにすぐにでも連絡を取りたいところですが、ここはしばらく我慢しましょう。

 

とりあえず、一ケ月は自分の中でもう一度、本当に自分にとって彼は絶対に必要な存在なのかを考える時間を作りましょう。

 

何故別れることになってしまったのか、原因は一体何だったのかを特定することが先決です。

 

恋愛をしている間は彼に夢中で、何でも素晴らしく見えてしまうものです。

 

自分は無理をして彼に合わせていなかったか、彼とヨリを戻しても同じ過ちを犯すことは絶対にないと言えるのかを振り返ることが必要です。

 

冷静になれば、彼と離れても別に自分にとって何ら不都合はない、と感じて新しい一歩を踏み出せるかも知れません。

 

 

 

2.彼との温度差に注意する

 

自分がこんなに辛い思いをしているのだから、彼もきっと辛いはず、そんな思い込みはいけません。

 

男性は意外と彼女といない間は他のことを考えていられるもので、昼間外に出ている間は別れたことすら忘れていられるのです。

 

彼は実は貴女とのすれ違いを早くから認識していたかも知れません。

 

連絡をとるのなら深夜に一本、昼間にしつこくはしないことです。

 

 

 

3.ポジション狙いをしない

 

別れたはずなのに、まだ付き合っているかのようにベタベタしたり、馴れなれしくするのは禁物です。

 

特に、彼に新しい彼女が出来た場合にいかにもポジション狙いのように彼と親しくするのはやめましょう。

 

何の罪もない新しい彼女が傷つくようなことがあれば、彼も気を悪くしてしまい、返って復縁から遠のいてしまいます。

 

決してしつこく彼と連絡を取り合ったり、周囲に仲の良さをアピールするような行動は避けましょう。

 

あくまでも節度のある友人関係から始め直すことが大切なのです。

 

 

 

終わりに

 

彼と良い友人関係を続けることができてから少なくとも半年から一年間は、様子をみるべき期間です。

 

それ以上経ってもどうしても彼とヨリを戻したいと思ったら、その時は素直に復縁したい気持ちを伝えましょう。

 

彼氏の方も時間が経ってしまえば「またやり直せるかも」と思ってくれるかも知れません。

 

但し復縁したならば、貴女が少しでも成長したと彼に感じて貰えるように努力することを忘れないで下さいね。